シンプルに学ぶ

中小企業診断士試験や本で学んだことについて書きます

中小企業診断士試験対策3週目(12/24~12/30)の記録と12月の振り返り

中小企業診断士対策3週目の記録と12月の振り返りについて書きます。

 

あけましておめでとうございます。

 

早いもので、中小企業診断士の勉強を始めて3週間が経過しました。

 

1週間の振り返り 

今週の勉強時間はこのような感じでした。

f:id:canos:20190101214751p:plain

見ての通り今週は目標に達することができず、約12時間半の勉強時間でした。

年末にかけて忘年会が続いたことが勉強時間が確保できなかった原因です。

 

運営管理については、店舗販売管理の範囲をすべて終えることができました。生産管理はあと1回分を残しています。

 

生産管理は予想していた通りなじみのない内容で、理解しにくい箇所もありましたが、講師が適宜、「ここはYoutubeで動画を見た方がいい」といったアドバイスをくれるため助かりました。

 

特に、旋盤やフライス盤、ボール盤といった切削加工技術に関する動画は非常に参考になりました。

文字や図だけではイメージしにくい論点のため、時間がない場合でも必ず見ておいた方がいいと思います。

 

12月の振り返りと今後について

12月の勉強時間は52時間でした。

全6科目(経営情報システムは科目免除予定)のうち「企業経営理論」の全範囲及び「運営管理」の9割を終えることができました。

 

月に50時間以上勉強したのは2018年2月の簿記2級以来なので、久しぶりに頑張った感覚なのですが、Studyplusにいる診断士を目指している方々はさらに多くの勉強時間を費やしているため、まだまだ頑張らなくちゃなというところです。

 

もちろん、勉強は時間ではなく内容が大事だし、受験者もそれぞれ立場や前提となる知識が違うので一概に比較はできません。

 

あくまで勉強時間は目安として捉え、いい刺激をもらいながら勉強のモチベーションを維持していきたいですね。

 

なお、運営管理は短期間で詰め込んだため、知識があやふやな論点が多くあります。不安な箇所はEvernoteにまとめているため、スキマ時間を活用して復習を行っていきます。

 

2019年1月からは「財務・会計」の学習をスタートします。

簿記2級の知識があるのでそこまで抵抗なく勉強できるのではないかと楽観視していますが、最重要の科目とも言われるため気が抜けないですね…

 

2月末までに残りの4科目をすべて終える計画を立てているため、2019年も気合を入れてしっかりと勉強していきます。

 

それでは、今年もよろしくお願いします。