シンプルに学ぶ

資格試験や書籍で学んだことをシンプルに解説します

SBIソーシャルレンディングを始めてみた【2018年9月】

SBIソーシャルレンディングで初めての出資を行ったので、記録を残します。

 

はじめに

ソーシャルレンディングについては何も知らない状態でしたが、ポイントサイトのモッピーにてSBIソーシャルレンディングの広告を発見し、ポイント目当てで申し込んだのがきっかけです。

 

該当の広告(2018年9月17日現在)

f:id:canos:20180917182515p:plain

登録後に5万円以上の出資が必要とのことですが、少し資金に余裕があったので申し込んでみることにしました。

 

ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい人とお金を運用して増やしたい人をマッチングするサービスです。

ソーシャルレンディングを扱っている会社は多く存在しますが、SBIソーシャルレンディングでは以下のようなポイントがあります。

f:id:canos:20180917181818p:plain

 

少額から投資できることや利回りが預金等に比べていいこと、一度出資すれば後は基本的に放置でいいことなどから、分散投資という意味でもソーシャルレンディングに出資してみることにしました。

ただし、デフォルト等のリスクがあることは十分に承知しておく必要があります。

 

とりあえず申し込んでみた

上のページから公式サイトにアクセスし、登録フォームで必要事項を入力・本人確認書類のアップロードを行うと、数日後に簡易書留にてはがきが送られてきます。

はがきには「ご本人様確認キー」が登録されているので、それをもとにホームページ上で投資家登録を行います。

投資家登録が完了したら、出資するファンドを決定します。

 

現在募集しているファンドは大きく分けて

  • 不動産担保ローン事業者ファンド
  • オーダーメード型ローンファンド
  • カンボジアローンファンド

の3種類です。

 

予定利回りは、上から3.2~4.7%、7.0%、10.0%です。

利回りだけを見ると10%カンボジアローンファンドが魅力的ですが、その分リスクも高いということで、今回はオーダーメード型ローンファンドの「SBISLメガソーラーブリッジローンファンド16号 2018年9月」に出資することにしました。

SBISLメガソーラーブリッジローンファンドは、太陽光発電事業者向けの貸付事業で運用するファンドであり、玄海インベストメントアドバイザーと協業して組成する「かけはし」シリーズのファンドです。

 

f:id:canos:20180917183526p:plain

 

出資の申し込み後、指定の口座宛に入金をすれば出資完了です。とりあえず今回は最低出資金額の5万円で申し込みました。

運用期間が18ヶ月(1年半)なので、定期預金のような感覚で長い目で見ていきたいなと思います。

 

おわりに

初めてのソーシャルレンディング申し込みでしたが、登録から出資までスムーズに進みました。

リスクはありますが、新たな投資先を探している方はぜひ検討されてみては思います。

今後は基本的にほったらかしとなるかと思いますが、定期的に運用成績を載せていきたいと思いますので、ぜひ参考にしていただければと思います。