シンプルに学ぶ

資格試験や書籍で学んだことをシンプルに解説します

基本情報技術者試験に惜しくも不合格となった話

2016年10月に基本情報技術者を初めて受験し、惜しくも合格には至らなかった時の記録です。

 

はじめに

平成28年の秋季試験を受験しましたが、惜しくも午後試験の点数が0.2点及ばず、不合格となりました。

今回はその時の記録を書きたいと思います。

 

当時の状況と資格取得を目指すまで

私は平成28年4月の人事異動により、現在のシステム関係の部署に配属されました。

情報系は昔から興味はあったものの、完全に文系ということもあり、そのような仕事をすることはないだろうと思っていたので、今回の異動は正直予想外でした。

4月の時点で情報系の知識は全くと言っていいほどなく、HTMLが少しわかる程度でした。

 

主にネットワークやデータベース系の知識が必要とされる仕事内容だったので、異動後すぐに関連する書籍を買って読み漁りました。また、Excelを多用する職場だったのでExcelVBAについても同時に勉強を始めました。(この時に買ったおすすめの書籍等は改めて別記事でご紹介します。)

 

働き始めて3か月が経った頃に、職場の同僚から情報系の資格取得を勧められました。資格を取ることで手当がもらえたりといったことは特にないのですが、当時情報系の面白さに目覚め始めていたので、国家資格で体系的な知識を得られそうな情報処理技術者試験を受験することに決めました。

当初はITパスポート試験から受験しようと考えていましたが、ITパスポートを取得しても世間の一般的な評価は高くなく、メリットがあまり感じられなかったため、それなら上位資格の基本情報を受けようと考えました。

 

使用した教材

Amazonのレビューで高評価で、書店で手に取ってみてパラパラめくってみた結果、イラスト付きで親しみやすいと感じたため購入しました。実際に使ってみて、どの論点も非常にとっつきやすく、初学者でも理解しやすいテキストでした。

 

 こちらもAmazonレビューの評価が高い、過去問題集です。解説が非常に丁寧なので初学者の方におすすめです。

実際、慣れてくると過去問演習は基本情報技術者ドットコム(https://www.fe-siken.com/)の過去問道場で十分事足りてしまうのですが、より正確で詳細な解説がほしいという方は購入をおすすめします。

 

 

改訂3版 基本情報技術者 らくらく突破 表計算 (情報処理技術者試験)

改訂3版 基本情報技術者 らくらく突破 表計算 (情報処理技術者試験)

 

 午後試験で「表計算」を選択する方にはこの書籍がおすすめです。普段日常的にExcelを使っている方も、基本情報の表計算では関数の動きが違ったりするので、この本で対策しておくと安心です。

 

基本情報技術者 表計算 とっておきの解法

基本情報技術者 表計算 とっておきの解法

 

 私が受けた頃にはありませんでしたが、これから受ける方はこちらも非常にわかりやすそうなのでおすすめです。

 

午前試験対策

プライベートがバタバタしており、勉強を始めたのは試験の2カ月前でした。もう少し早めに勉強を始めていれば合格できたのかなと反省しています…

 

まず、インプットということで、キタミ式のテキストを最初から読み始めました。ただ、苦手なn進数や2進数の計算などが1章・2章で説明されており、そこに時間を大きく割いてしまったことは失敗でした。

これはどの試験にも当てはまると思いますが、苦手な分野でつまづいて中々先に進めないということが起こりがちです。

情報技術者試験は6割を取れば合格できるので、場合によっては苦手な分野を捨てる勇気も必要です。完璧主義に陥らないよう気を付けましょう。

 

テキストを1周さらりと読み終えたら、パーフェクトラーニングで過去問演習を始めましょう。最初は解けない問題ばかりですが、2周3周と繰り返していくうちにすらすらと解けるようになります。

間違えた問題には×、正解したが自信がない問題には△、自信をもって正解できた問題には○をつけるようにします。2周目以降は×と△の問題だけを解いていくようにしましょう。また、間違えた場合は必ずテキストの該当箇所を確認して、知識を定着させるようにしましょう。

 

午後試験対策

午前問題の対策がある程度終わったら、午後対策を始めます。

私は午前対策がそのまま午後対策につながると思い、特段の対策は行いませんでしたが、確実に合格を目指すなら、以下のような午後試験専門の問題集で対策しておいたほうが安全かと思います。

問題の「解き方」を理解することを意識して、対策するようにしましょう。

2018 基本情報技術者 午後試験対策 (午後問題対策シリーズ)

2018 基本情報技術者 午後試験対策 (午後問題対策シリーズ)

 

私は「アルゴリズム」にものすごく苦手意識を抱いていたので、以下の参考書をkindleで購入して読みました。わかりやすく解説されているので同じく苦手意識がある方は読むことをおすすめします。(私はあまりにも苦手すぎて結果的に本番では0点でしたが…)

アルゴリズムを、はじめよう

アルゴリズムを、はじめよう

 

プログラム問題で「表計算」を選択する方は、上で紹介した参考書でぜひ対策をしましょう。その他のプログラミング言語を選択する方は、基本的に普段の仕事や趣味でその言語を使い慣れてる方だと思いますので、特段の対策は不要でしょう。

 

文系は午後試験で何の問題を選択すべきか

私が文系の方におすすめする科目は以下の通りです。(落ちた私が言うのもなんですが…笑)

必須科目

選択問題

  • ハードウェアorソフトウェア
  • データベース
  • プロジェクトマネジメント
  • システム戦略

選択問題(言語)

 

試験当日

久しぶりの資格試験ということで緊張して臨みました。

午前試験は思ったよりも難しく感じ、受け終わった段階では落ちたかなーと不安な状態でした。気になりすぎて昼休みに2chなどで答え合わせをしてしまいました。(皆さんは真似しないようにしましょう笑)

 

午後試験は苦手なアルゴリズム表計算以外の問題はある程度手ごたえがありました。

アルゴリズムはちらっと読んでチンプンカンプンだったため、完全に捨てることにして他の問題に時間をかけることにしました。結果的にこの作戦が敗因だったのかもしれませんが…

配点によっては合格したかなという微妙な気持ちで試験会場を後にしました。

 

試験の結果

試験後に各社から発表される解答速報で自己採点を行ったところ、午前試験は8割、午後試験は6割前後という結果で、配点次第では合格の可能性があると思いました。

ただ、適当に回答したアルゴリズム表計算のプログラム問題が全滅していることが判明したため、合格発表まではあまり期待せずに待つことにしました。

 

そして、一か月後の合格発表の結果は以下の通りでした。

 

f:id:canos:20180831221334j:plain

 

午前は採点通り8割得点できていましたが、午後が惜しくも0.2点及ばず、不合格でした。あと0.2点ってなんだよ…と相当悔しい思いをしたのを覚えています。

やはり敗因はアルゴリズムとプログラム問題が全滅だったことでしょう。

 

悔しさのあまり、もう一度基本情報を受ける気にはなれず、次回は文系にはむしろ簡単だと言われる応用情報技術者を受けることに決めました。

 

その後応用情報技術者に挑戦した話は、以下の記事をご参照ください。

canos.hateblo.jp