シンプルに学ぶ

資格試験や書籍で学んだことをシンプルに解説します

簿記3級に1カ月で合格する勉強法

日商簿記3級に1カ月の勉強で合格できたので、記録を残します。

 

はじめに

簿記3級試験には以下の特徴があります。

  • 年3回(2月・6月・11月)実施
  • 70%以上の得点で合格

  • 合格率は約40%

 

見ての通り、合格の難易度はそれほど高くない試験だといえるでしょう。

ただし、年3回あるからといって今回はダメでもいいやという姿勢で受けるのはやめましょう。必ず一発で合格できるように勉強すべきです。

 
ここでは、できるだけシンプルかつ最短で合格できるような勉強方法を書いていきます。
基本的に働きながら合格を目指す方向けの記事なので、学生の方であれば1カ月より短い期間で合格することも可能です。
 
 
※範囲改定について
平成31年(2019年)度以降の簿記検定試験出題区分表の改定等について」
 
上記のとおり、簿記3級試験は2019年6月試験から範囲が大きく改定されます。
該当の試験を受ける可能性のある方はご注意ください。
 

簿記3級について

基本的に簿記3級レベルであれば、誰でも独学で合格が可能だと思います。
将来的に公認会計士や税理士といった会計のプロを目指す方は、専門学校に通って基礎からきちんと学ぶという考えもあるかもしれませんが、それ以外の方であれば独学で合格を目指すことをおすすめします。
 

教材について

Amazonなどで検索すると実に様々な参考書があることがわかります。
どれを使っても基本的には合格可能だと思いますが、私のおすすめ教材を紹介します。
 
○インプット
「みんなが欲しかった簿記の教科書 日商簿記3級」
みんなが欲しかった 簿記の教科書 日商3級 商業簿記 第6版 (みんなが欲しかったシリーズ)

みんなが欲しかった 簿記の教科書 日商3級 商業簿記 第6版 (みんなが欲しかったシリーズ)

 

 同じTAC出版のものでは「スッキリ」シリーズが有名ですが、こちらの方が基本からしっかり学ぶことができるので、初心者の方におすすめです。

個人的にデザインも好みです。
 
○アウトプット
「みんなが欲しかった簿記の問題集 日商簿記3級」
みんなが欲しかった 簿記の問題集 日商3級 商業簿記 第6版 (みんなが欲しかったシリーズ)

みんなが欲しかった 簿記の問題集 日商3級 商業簿記 第6版 (みんなが欲しかったシリーズ)

 

 簿記の教科書を購入した方はぜひこちらもセットで購入してください。簿記の教科書のどの部分を参照すればいいかが一目でわかります。

 
○直前対策
「○回をあてるTAC直前予想 日商簿記初級・3級」
第150回をあてる TAC直前予想 日商簿記3級

第150回をあてる TAC直前予想 日商簿記3級

 
3級に関しては過去問対策は不要です。実際の問題よりも若干難しく作られているのでよい対策になります。
なお、テキスト代を節約しようと、古本屋で古い年度のテキストなどを購入する方がいますが、個人的にはおすすめしません。範囲改定が行われることや、新品のテキストを購入したほうがモチベーションが上がるためです。
テキスト代には惜しまずにお金を使いましょう。
 

(参考)電卓について

2級まで目指す方はそれなりに使いやすい電卓を用意しましょう。
カシオやシャープの電卓を買っておけば間違いありません。
私はカシオのDF-120GT-Nという電卓を愛用しています。
カシオ スタンダード電卓 時間・税計算 デスクタイプ 12桁 DF-120GT-N

カシオ スタンダード電卓 時間・税計算 デスクタイプ 12桁 DF-120GT-N

 

 3級だけ合格すればいいという方は、簿記用にわざわざ買う必要はありません。

小さなものでもOKです。
なお、将来税理士や公認会計士を目指す方は、電卓にも惜しみなく投資しましょう。
また、タッチタイピングができることが必須になるので併せて練習しておきましょう。
 
 

シンプルな勉強方法

私が実践した勉強方法を記載します。
 
①インプット期(10日)
「簿記の教科書」を読み込みましょう。
  • 1周目はさらっと流すように読む。
  • 2周目は練習問題も解きつつ理解しながら読む。
簿記はインプットよりもアウトプットの方がはるかに重要なので、インプット期は短めに設定しています。
 
②アウトプット期(14日)
「簿記の問題集」
  • 1周目は間違えた部分に×、正解はしたが自信がなかった問題には△をつけながら解く。
  • 間違えた箇所やあいまいな論点は教科書の該当部分を読む。
  • 2週目は×や△の問題を中心に解く。
 
③直前対策(2~3日)
「○回をあてるTAC直前予想 日商簿記初級・3級」
  • 4回分の予想問題を解く。
  • 時間に余裕があれば間違えた問題を解きなおす。
 
よく、試験前日は今までの復習程度にして、新たな問題は解かないようにしようという話を聞きますが、簿記3級に関しては、自信がない人はガンガン演習するべきだと思います。